雨漏り修理はスピーディー解決がキーポイント|レインを侵入ガード

案内

早目対策が費用削減の鍵

補修

住宅に雨が侵入してしまうと、被害が甚大になってしまいます。柱や床下まで影響が及び、補修費用が莫大になることもあるのです。雨漏り修理は費用が小さいうちに早めに行うことが大切です。

もっと詳しく

劣化を正しく見分ける

メンテナンス

長年使用している住宅は、できるだけ定期的にメンテナンスをすることが大事です。雨漏り修理のプロは、劣化したことが見分けにくい素材であっても、的確に修理を施してくれます。

もっと詳しく

すぐに駆けつける

業者

雨漏りや排水管の水漏れはできるだけスピーディに修理したいものです。郵便受けなどにはいつもトイレや水道管の修理、リフォーム業者のチラシが入っていますが、普段は気にも止めなくても非常事態にはこういったチラシを使って業者に連絡してみようと思うはずです。普段から頼りになる業者について知っていれば、こんな非常事態でも慌てずに専門業者を呼んで対応出来るのです。
雨漏りに関しては少しずつ進行するという特徴があります。天井の見えない部分で少しずつ侵食した雨漏りは、いつしかシミになって目の前に現れてきます。シミになって出てきたらすぐに雨漏り修理に取り組んだ方が良いといえます。進行は見えない部分で進んでいるので、出てきたのであればその瞬間に雨漏り修理を依頼するべきです。

雨漏りは屋根だけからくるのではなく、床下からもきます。このように、住宅に起こる不具合は素人では思いもつかない、意外な場所からくることもあるのです。床下の雨漏りといえば、風が大きく影響しています。原因の特定がしやすいのは壁や屋根のヒビが影響している部分ですが、床下からの雨漏りは特定しにくくなってしまいます。吹き上がった雨は床下から図って1メートルも吹き上がる可能性があるといわれています。床下浸水かと思い慌ててしまわないように、知識だけは知っておいた方が良いです。屋根や壁の対策はプロに任せることも大切ですが、自分で設計に関わるなら雨漏りしにくい構造にすることも可能です。自分でできること、プロに任せることを理解し、適切に対策していきましょう。

修理しやすい屋根

屋根

複雑な作りをしている屋根は専門の修理業者でもどこから漏れているのか分かりにくいです。設計から雨漏りを防ぎやすい家にすることもできますので、雨漏り修理しやすい屋根の作りを知っておきましょう。

もっと詳しく